2017年03月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02/16 (Sat)

冬も紫外線。そのメカニズムとサーファーへのアドバイス10項目。~お肌編~

1日1善。皆さんのおかげで50位圏内突破出来そうですキラキラ(オレンジ)
      下1-GL
人気ブログランキングへ


日焼けした黒い肌は、真剣に海に通っているサーファーの目印みたいなもの。

 しかし最近は波乗りを楽しみながら、紫外線対策をばっちりしている人が男女問わず増えてるね~。日光浴を奨励してた時代もあったみたいだけど、ここ最近は「百害あって一利なし!」な風潮になって、日焼け止めたっぷりの
「バ●殿」(失礼)みたいな完全防備が珍しくなくなってる。

そこまでしないと危険なの?
日焼け止めを塗れば大丈夫じゃないの?

 ということで今日は、すっかり悪者と化してる「UV(紫外線)」について調べてみた。


【More・・・】

1・紫外線?どんな影響が?

UV-A (波長315nm-400nm)
皮膚の一番深いところ(真皮層)に作用する。UV-Bによって生成されるメラニン色素を酸化させて褐色に変化させる。

  わかりやすく言えば、UV-Bとセットになると日焼けしてこんがりになる働きがあるってこと。サーファーの肌を黒くする人。

UV-B (波長280nm-315nm)
 体の表面の皮膚(表皮層)に作用する。こいつをガードしようとして細胞がメラニンを生成する。これがいわゆる日焼けである。また、UV-B には発癌性が指摘されるが発癌するのは肌の露出した部分のみというケースが多い。あとは高齢者。

 つまり、太陽に当たって赤くなって痛いのは、こいつのせい。こいつがメラニンを作るから後で真っ黒になる。こいつをガードできたら日焼けの元ができない(はず)。

UV-C (波長200nm-280nm)
オゾン層で守られている地表には今のところ到達しない。強い殺菌作用があり、生体に対する破壊性が最も強い。

 おお怖。オゾンホール(オゾン層に開いた穴)が問題になるのは、このUV-Cで僕たちサーファーが殺菌されるから。Naturalフマキラー。



 ちなみにお肌に酸化したメラニンが出来た人。つまり日焼けして色が黒くなった人は紫外線に対して強くなった強化人間。ニュータイプ。紫外線の侵入が阻止されて、日光に対して強くなる。
 
 日照時間の長い、日差しの強い地域の人に皮膚の色が濃い人種が多いのはそのせい。

2・日焼け止めによく書いてある、SPFとPAの意味

 SPF値は(Sun Protection Factor)の略で、日焼けの原因であるUVBの遮断率を表すもの。SPF25の場合は、無対策の場合と比較して紫外線が1/25(!)になり、SPF100は1/100になる(!?)。PAは(Protection of UVA)の略で、UVAの遮断に対する効果を表してる。

 PAは+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の3段階で表記される。PAがSPFと違って数値で表記されないのは、UVAのブロック率を評価する良い分析法が存在しないから。



 月並みだけど、SPFとPAが高い日焼け止めは、ホントに日焼け防止に効果あり。リアルサーファーもシーズンサーファーもガンガン日焼け止め塗ったほうがいい。ってこと。けどSPF100の日焼け止めなんてどこに売ってるんだろう?効き目の高いやつほど、日焼け止めが落ちなくて肌が後でガビガビするけど、100の日焼け止めがあったら、ほとんどパウダーだと思う。


3・結論。オレ的紫外線対策まとめ
 以上のような結果が出たんで、各自好きなようにやってください。

 投げやりですが、経験として言えば

①肌を焼く面積減らしましょう。ロングスリーブのラッシュガード(冬はどうせフルスーツなので)を着ましょう。ぜんぜん違います。

②日焼止め落としはなるべく買いましょう。使いましょう。洗顔で落ちてるようで、なかなか落ちません。

③クラゲよけの日焼止めは意外と効果が高いです(お肌は後でいたわって下さい。実体験)

④ジェルタイプの保湿クリームはかなり効果的。参考までに、個人的マストアイテムはこれです。

⑤朝は紫外線が少ないが、朝日と反射光がヤヴァイので目をいたわって。10時前後からは殺人的に光線増えます。焦げます。

⑥日焼止めは入水10分前には塗りましょう。直前のべた塗りは効果半減。しかもお化け。

⑦唇にUVカットのリップクリームを塗りましょう。安心してたら口だけ焦げます。(体験済)

⑧目のすぐ下のくぼみも忘れず塗りましょう。けっこう忘れます。

⑨後ろにも目を向けましょう。パドルや波待ちが多いサーファーは背中が焼けます。ふくらはぎも焼けます。油断したら人間オセロです。

⑩ここに書いた内容(特に⑥、⑦、⑨は重要!)を忘れないでおこう。真夏でもぜんぜん違います。


参照元
スポンサーサイト

テーマ : サーフィン・ボディボード - ジャンル : スポーツ

タグ : サーフィン 紫外線 UV SPF

01:58  |  日々のつれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pottz.blog35.fc2.com/tb.php/13-5b74e295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。