2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06/17 (Thu)

現場にて

ついさっきまで口蹄疫の防疫作業に従事してきました。

大型~小型牛(というか子牛)を相手に引っ張ったり押したりする業務。
育成牛でも100キロオーバーは普通で、繁殖牛だったら500キロは下りません。汗だくになってトラックに積み込む作業を繰り返しました。

普通のイメージではヨダレがだらだらで、水疱の出来た病気の牛を相手にしてると思うかもしれません。
が、「緩衝地帯」と呼ばれる地域での防疫では健康な(だと思われる)牛がほとんどです。

当然、体力もあり相当の力があります。
大人が10人がかりで10分かけてトラックにやっと1頭乗せる・・・。なんてこともしょっちゅうでした。


100人以上の人員を投入して、500頭には全然届かない。

しかもそれが晴れの日ですらです。
これから梅雨になって効率が落ちれば、さらに処理頭数が減るのは素人目でも分かりました。
その道のプロであるJAや畜産農家の方のヘルプを中心に、懸命に作業されてやっとの状況です。


明らかに人が足りません。


何が原因か、ウソか本当か分からないような情報も出回ってますが、今は本当にそれどころでは無いです。


みんなで宮崎のために頑張りましょう。消毒には積極的に協力して、不要な外出を控えましょう。
宮崎のブランドを守るために。


ちょっと真面目な話でした
スポンサーサイト
19:32  |  日々のつれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pottz.blog35.fc2.com/tb.php/98-13cb4006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。